読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒波スイマー

毎日の些細な出来事に振り回されるオフィスレディの日常

わたしという人間 そのに

わたしは小学生から中学生ごろの自分の写真が大嫌いだ。

今よりも太っていたし、髪は癖毛で垢抜けず。今は化粧で誤魔化しているが、そのままの顔は見ていられない。おまけに身長が高く、悪目立ちしてしまっていた。

それでも、多分わたしという人間の意味を見出したくて一生懸命に他人に認められようとしていた気がする。「かわいい女の子」や「愛される女の子」は絶対に叶わない夢みたいなもので、何より誰からも求められていなかった。だから、人より「強いこと」「できること」で意味を見出そうとしていた。

だけれど、残念ながらわたしの頭は平凡以下で、結局何にも勝てないただの間抜けな中学生になってしまった。ちなみに、そんな程度の頭なのに、何か学習が周りより置いていかれることがあると恥ずかしくて泣きたくなる。

そんな中身が嫌という程外見にも現れていて、その頃の写真は最早直視できない。

 

文字通り、内面から滲み出た不細工さが前面に出ているからだ。

 

高校生や大学生になると、手の届く範囲で身なりに気をつけるようになった。しかし内面は大きく変わらない。

 

自分が認められる方法が全くわからなかった。

 

家族関係はあまりいいものではなく、自分の生まれた意味を考えさせられる瞬間もあった。また、人とのコミュニケーションは下手くそで大体自分で関係性を壊していく。

それでも誰かに認めて欲しい。誰かに大切だと言って欲しい。ずっとそんなことを考えて過ごしていた。もちろん上手くいくことはないのだけれど。

 

わたしは、わたしのことが嫌いだった。

 

過去形にしているのは、ある意味希望でもある。もうそんな感情は捨ててしまいたいと思っている。でも上手くいかない。

普段はそこまで思わなくとも、ふとした瞬間、足元が崩れた瞬間にこの感情が止まらなくなる。

 

いつになったら、この束縛から逃れられるのだろうか。

わたしという人間

わたしは本が好きだ。どっぷりと嵌っているときは、ひたすら一人で読んでいたい。

鬱憤は文字にして晴らすのが好きだ。誰の都合を考える必要もないから。

運動は健康維持の最低限でいい。ましてや、誰かと一緒にやるスポーツは好まない。ひとりで黙々と自分が満足するレベルでやりたい。

お酒は好きだ。しかし、一緒に飲む人は選びたい。嫌いな人や心を開こうと思っていない相手と飲むときのお酒はまずくて仕方ない。酔うことなんでできやしない。

友達は少ない。両手もあれば足りる程度。狭く、深い付き合いが出来ればいいので、増やしたいと思ったことがない。

仕事は生きていくための手段。それ以上にもそれ以下にもならない。

表面上の人付き合いが苦手だ。必要性も感じないため、うまくいかない。

 

面倒で、理屈臭い人間と思われても仕方ないが、これがわたしである。

無理をすると自分に返ってくる。だから、同じ無理をするなら、貫き通す無理をしたい。

嘘を吐く、息を吐くように

本当はこう言いたいのに、という気持ちを全部抑えてまるで寄り添うような物分かりのいいような言葉ばっかり出てくる

息を吐くようにうそをつけるのはわたしの才能だ

積読

わたしの部屋には本棚がない。

だが、たくさんの本が部屋のあちこちに積まれている。

 

わたしは本を読むことが好きだ。

物心つく頃から日記を書く習慣があり、自然と文章を読むことも好きになった。

ただ、昔は活字が並んでいる本はとても苦手だった。そんなスタートなのによくここまで好きになれたものだと思う。

 

なぜ、本を読むのか。

 

わたしは悩んでいるときに貪るように本を読む癖がある。自分にとって深刻な悩みだと、同じようなテーマ設定の本を読み漁る。答えが欲しいのだと思う。

 

わたしも人間なので、人相手に悩みを打ち明けたり愚痴を言う習慣がある。だが、同じくらいの頻度でこのように文字に起こしてストレスを解消したり、本に答えを求めたりする。

 

ただ、どちらも最後は自分で答えを決めなければならない。あくまでもそのための補助ツールに過ぎない。そんなことがわかってきたのは、割と最近のような気がする。

 

積読の本たちは、買ってからしばらく部屋で眠ることも多い。だが不思議なもので、どこかのタイミングで答えを求めて手に取る瞬間がくるのだ。

 

わたしはこの世に存在する本全てを読むことはできない。それは不幸なことではなく、自分を助けてくれるツールが無限にある、という安心感でもあるのかもしれない。

忘れちゃいけないこと

異動して、まだ右も左も分からないけれど、忘れちゃいけないことがある。

 

💬目的を忘れない。分からないなら確認。

社会人1年目のとき、わたしの仕事は「作業」からスタートした。目的が見えなかった(考えようともしなかった)わたしは、時に致命的なミスも引き起こしてしまったのだった。目的がわからないと、全ての業務が「作業」になる。仕事に納得感もない。目的を意識した仕事をする。

 

💬慣例や当たり前は疑え。

異動したばっかりだからこそ、できることがある。慣例や当たり前に疑問を持つこと。これは寧ろ慣れてしまうと疑問を持つことが難しくなる。ある意味今がチャンスだ。本当にこの作業や承認はいるのか?メールひとつとってもそうだ。ちなみに、異動先はとにかくメールが多い。本当にこのメールは必要なのだろうか?考えることをやめてはいけない。もっとできることがあるはずだ。

 

とはいえ、息抜きも大切だ。

何よりまだ2日目なのにこの疲れ様。ちょっと先が思いやられる。

センチメンタルスプリング

なんの運命か、着任前最後に研修時代のクラス飲み会が開催された。というか、日にちが決まった時点では異動の話は知らなかったんだけど。

初任配属前に寂しいね、頑張ろうね、と飲んだあの日から3年。奇しくもわたしは次の配属先に歩みを進めようとしている。

そして本当に幸運なことに、誰一人欠けることなく今日を迎えている。すごい。

 

不安なんか山ほどだ。

わたしに出来ることがあるのか、でもやらなきゃいけないという立場はストレス以上の何物でもない。

 

でも。

 

みんながいるし、何とかなるんじゃないかなという根拠のない自信が湧いた。

わたしたちはまるで永遠の別れのごとく道が分岐したあの日から3年後、また交わった。

そしてまた道が分岐していく。

 

そうやってみんなで大きくなっていくのかもしれない。

数に弱い

わたしは数字が苦手だ。

とにかく数にまつわる情報が頭に入らないし、整理ができない。

会社に勤める以上、自分の成果は数字で示さなければいけないのだけれど、まあ上手く表現できない。そのくせ今回の成果は数字で見れば一見大失敗なので、なんだか落ち込んでしまった。励ましてくれて成果を見出してくれる先輩に感謝。涙。

 

少し数の話から離れるが、わたしは自分のやってきたことに自信がない。人との付き合いも苦手だし、企画だって人並み。細かいことは苦手でミスが多いし、人の顔を覚えることがほとんどできない。数学の力は皆無で、算数も怪しい。飲み会も苦手。はっきり言って、社会人としての適性がないと思う。

 

でも数少ない算数の知識で算盤を弾くと、わたしは働かないと生きていけないことだけはわかるのだ。皮肉なものである。